Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

会社案内

login

会社案内

代表挨拶

代表取締役 髙橋 克明

高橋板金製作所は、昭和48年に旋盤機械1つ・先代社長1人から始まった小さな会社です。
社長自らが鋼材を買い付け、製品を製作して検査。
お客様と二人三脚で、モノづくりに邁進してきました。

「ひとりひとりが力を出し切って良いものを作ろう。」
「工場長や社長も現場に立って、より良いものを作ろう。」

このスタイルは創業から35年以上経った現在でも変わっていません。

高橋板金製作所は、徹底した現場主義。
形状が複雑だったり、材料が固かったりで製作が難しい製品にも、
諦めることのない熟練工としての誇りを胸に、一人ひとりが最初から最後まで責任をもって取り組みます。
それは、社長である私も同じです。引き受けた製品は自ら現場に立って製作し、最終検査まで行います。
鋼材の特性を見抜き、形状から強度を察し、加工前には完成品をイメージする。
ここまですることで、お客さまに技術面でのプラスアルファのご提案が可能となります。

製品は作るまでが責任でなく、作った後にこそ責任がある。
試作は未来の量産への責任をもたなければならない。
私たちはお客様に、責任をもった製品づくりをお約束します。

代表取締役髙橋 克明

会社概要

会社概要
社名 株式会社 高橋板金製作所
所在地 〒430-0843 静岡県浜松市南区福塚町247-12
役員 代表取締役 髙橋 克明
設立 1983年(昭和58年)6月17日
資本金 8,000,000円
従業員数 15名
事業内容 金属製品の試作から量産
2D/3D製品の設計および製作、2D/3Dモデリング
試作品の検査
取引銀行 静岡銀行可美支店
浜松信用金庫三島支店

アクセス

■静岡方面からお越しの場合
国道1号線「福塚」交差点を左折、1つ目の信号Uターンすぐ左手
■名古屋方面からお越しの場合
国道1号線「福塚」交差点を右折、1つ目の信号Uターンすぐ左手

沿革

昭和48年 高橋板金創業
昭和58年 有限会社高橋板金製作所(浜松市南区新橋町)に社名変更
平成8年 三次元レーザー加工機導入(浜松初)
平成18年 会社所在地を現在の浜松市南区福塚町に移転
平成19年 株式会社高橋板金製作所に社名変更
平成20年 三次元レーザー加工機増設
平成26年 社長交替(髙橋 正三郎 →髙橋 克明)
平成27年 三次元測定機を導入
平成28年 三次元レーザー加工機増設
令和1年 ZAS型鋳造工場 新規稼働(11月予定)